インパクトのある特殊加工の名刺を制作!第一弾

特殊加工名刺その1

ビジネスにおいて必須アイテムとも言える名刺。特にグラフィックデザイナーと言う職業上、ダサい名刺ではお客様に信頼してもらえず仕事になりません。自分のデザインセンスと共に、印刷デザインの知識もアピールできる重要なビジネス・ツールでもあるのです。

フリーランスのグラフィックデザイナーとして自身の特殊加工の名刺を制作してみました。

今回制作した特殊加工の名刺はこんな感じ

極厚の紙に特殊加工を施して個性的かつ高級感ある両面印刷の名刺にしてみました。

特殊加工名刺その1

使用した特殊加工

表面:銀箔押し、空押し(背景の模様)

名刺第一弾の表面
裏面:空押し(背景の模様)、活版印刷(黒1色)

名刺第一弾の裏面2

使用した紙

630gsm コットンペーパー。通常の厚めの名刺が250~300gsmなので、その倍以上の厚さです。理由は、両面に空押しや活版印刷で立体感を出すためです。紙に厚みがないと反対側にも型が出てしまうからです。

コットンペーパーは、独特の柔らかな風合いと手にした時にの上品な質感が特徴です。

名刺第一弾の裏面1

印刷なのにインクを使わない特殊加工

印刷ってインクを使って色を付けるだけと思ってませんか?そんな事はありません!紙に圧力をかけて立体的な文字や模様を付けたり、透明な特殊なインクで艶を出したり、色々な加工を組み合わせることで個性的な印刷物ができるのです。

特殊加工の名刺は紙も重要!

紙もピンキリで種類、厚さ、素材、色などがあり、それぞれのイメージやデザインにあったものをチョイスできるかがデザイナーのセンスと腕の見せ所です。

例えば、オーガニックな商品を扱う会社の名刺であれば、段ボールのような色のついた再生紙を使うとか…。

特殊加工の名刺をおすすめします!

はっきり言うと特殊加工を施した名刺は安くはありません。

業種や職種にもよりますが、名刺にあまりお金をかけずにコスト削減しようとする企業も多いと思います。でも、普通のデザインで何の印象も残らないよりは、ユニークで特徴のある名刺の方が確実に印象に残り直ぐに覚えてもらえるのではないでしょうか?

たかが名刺、されど名刺。

職種によっては名刺が与える印象って結構重要かもしれないですね。ビジネスチャンスをガッチリ掴む名刺はいかがですか?

まずはご相談ください

Cloud 9 Worksでは特殊加工の名刺のデザインや提案をさせて頂きますので、お気軽にお問い合わせください。

ニュージーランドのオークランドに2002年より在住。フリーランスのグラフィックデザイナー。ウェブ制作から印刷物全般デザイン、写真撮影など幅広く行っています。

全世界からのお仕事の依頼を承ります。ホームページ制作、フリーランスのグラフィックデザイナーをお探しなら:Cloud 9 Worksへ!

Webデザイナーのパートナー(外注)スタッフをお探しの、Web制作会社さま・Webシステム会社さま・広告代理店さまからのお問い合わせもお待ちしております。

お見積もり・お問い合わせ