Googleアナリティクスのnot providedで隠れた検索キーワードを調べる方法

Googleアナリティクスのnot providedのキーワードを調べる方法

自分のウェブサイトの訪問者がどのようなキーワードで検索して来たのかGoogleアナリティクスを使ってチェックすると、一番上に(not provided)が表示されていると思います。しかも検索キーワード全体の80~90%位がnot providedになっていませんか?

Googleアナリティクスにログインし、集客 > キャンペーン > オーガニック検索キーワード

Googleアナリティクスのnot provided

そもそもnot providedとは?

通信データを暗号化する為にSSL(Secure Sockets Layer)を使ったページ(URLの最初がhttps)で検索した場合、not providedになってしまいます。

検索エンジンをほぼ独占しているGoogleはSSLを使っているので、Googleで検索されたキーワードはnot providedになることがわかります。

ですので、表示されている検索キーワードは、Google以外でSSLを使用していない検索エンジンからの流入だという事になります。

not providedの中身を調べる方法

検索キーワードの大半を占めているnot providedの中身を知る方法ですが、完全で正確な検索キーワードを調べることはできないようです。

しかし、GoogleのSearch Console(旧Google Webマスターツール)を使う事である程度なら調べることができます。

Google Search Consoleでnot providedのキーワードを調べる

1. Google Search Consoleにログインし、検索トラフィック > 検索アナリティクス をクリックします。

2. デフォルトはクリック数しか選択されていないので、表示回数、CTR、掲載順位にもティックをいれます。

Google Search Consoleの管理画面

3. グラフの下にGoogleアナリティクスでは表示されていなかった検索キーワードとそのクリック数、CTR、掲載順位を見ることができるようになります。

まとめ

Google Search Console検索アナリティクスを使う事でGoogleアナリティクスではわからなかった検索キーワードを調べることができました。何か言葉だけだとややこしいですね。

今後ますますウェブサイトのSSL化が進む傾向にあり、Google以外の検索エンジンもSSL化するのも時間の問題だと思います。Googleアナリティクスのオーガニック検索キーワードがすべてnot providedになる日が近いかもしれません。

仮にそうなればGoogleアナリティクスで何らかの対策がされると思いますが、Search Consoleを使わずに見れるようにしてもらいたいものです。

ニュージーランドのオークランドに2002年より在住。フリーランスのグラフィックデザイナー。ウェブ制作から印刷物全般デザイン、写真撮影など幅広く行っています。

全世界からのお仕事の依頼を承ります。ホームページ制作、フリーランスのグラフィックデザイナーをお探しなら:Cloud 9 Worksへ!

Webデザイナーのパートナー(外注)スタッフをお探しの、Web制作会社さま・Webシステム会社さま・広告代理店さまからのお問い合わせもお待ちしております。

お見積もり・お問い合わせ