SEO対策!www「有り/無し」を統一してhtaccessファイルで転送させる方法

wwwありなし設定

ドメイン名の前にwwwが有るのと無いのは同じだと思っていませんか?実は検索エンジンは、www有りと無しは別URLとして判断しているのです。その為、そのまま放置しておくと検索エンジンは重複したコンテンツと見なし検索結果に悪影響を及ぼしてしまう可能性があり、SEO的には良くありません。

www有り、または無しで統一させる

まずはドメイン名の前にwwwを付けるか、それとも無しでドメイン名だけにするかを決めます。SEO的には、www有り無し、どちらが有利と言うのは特にありませんので、好きな方に統一しましょう。

.htaccessファイルで自動転送させる

www有りまたはwww無しを決めたら、htaccessファイルを使って、www有りまたは無しのURLに「301 リダイレクト」を使って自動転送させます。この301リダイレクトはGoogleが推奨していて、検索エンジンを正しいページに確実に誘導するのに最善の方法とされています。

.htaccessファイルの場所

FTPソフトなどを使ってサーバーにアクセスして、一番上の階層に.htaccessファイルがないか確認してください。

既にある場合は、301リダイレクト以外の設定が記述されている可能性が高いので、その.htaccessをダウンロードして、記述を追加するようにしてください。

無い場合は、テキストエディタで新規ファイルを作成します。

「wwwあり」に統一する設定

.htaccessファイルに以下の記述をコピペすればOKです。
※sample.com」のドメイン名は変更してください

「wwwなし」に統一する設定

.htaccessファイルに以下の記述をコピペすればOKです。
※「sample.com」のドメイン名は変更してください

ファイル名「.htaccess」で保存できない場合

ファイル名「.htaccess」で保存できない場合は、一旦「htaccess.txt」で保存して、サーバーにアップしてから、サーバー上で「.htaccess」に名前変更します。

最後に転送されているか確認

ちゃんと設定通りに301リダイレクトで自動転送されるか念のため確認しましょう!サーバーによっては.htaccessファイルが扱えない場合もありますので、その場合はサーバー会社に問い合わせてみてください。

ニュージーランドのオークランドに2002年より在住。フリーランスのグラフィックデザイナー。ウェブ制作から印刷物全般デザイン、写真撮影など幅広く行っています。

全世界からのお仕事の依頼を承ります。ホームページ制作、フリーランスのグラフィックデザイナーをお探しなら:Cloud 9 Worksへ!

Webデザイナーのパートナー(外注)スタッフをお探しの、Web制作会社さま・Webシステム会社さま・広告代理店さまからのお問い合わせもお待ちしております。

お見積もり・お問い合わせ