人工知能が及ぼすウェブ制作業界への影響について

人工知能が進出するウェブ業界

最近、いろいろな分野で想像以上のスピードで進化しているAI(人工知能)ですが、近い将来、ウェブ制作業界にも人工知能が導入された場合どうなって行くのでしょうか?

ウェブデザインの仕事は、クリエイティブで直観的な能力が必要な一方で、ユーザビリティ向上やSEO対策などを施す論理的に考える能力も求められます。一体、どこまで人工知能がウェブデザインの仕事をこなせるのでしょうか?

人工知能の学習能力の速さが活かせる部分

人工知能の得意分野としては、単純作業や膨大なデータ解析などがあると思いますが、ウェブ制作業界でも、このような能力を積極的に取り入れていくことで、作業効率アップや人件費削減が可能になってくるのではないでしょうか?

コーディングや簡単なプログラミング

ウェブデザイナーの立場として、人工知能で処理してほしいと思う作業は、コーディングです。間違いのないクリーンなHTMLとCSSのコーディングを瞬時に行ってくれたら、かなりの作業効率アップが期待できると思います。

また、ウェブデザイナーにとっては少し難しいが、プログラマーにとっては比較的単純なプログラミングの作業をこなしてくれるAIがいると非常に便利だと思います。わざわざプログラマーに仕事を発注しなくて済みます。

的確なウェブサイト解析&コンサルティング

人工知能を使う事で隅々までウェブサイトを解析して、より良い結果を導き出すという事が、人間よりもスピーディに、かつ正確にできると思います。的確なウェブ解析により、効率的にウェブサイトを改善していくことで顧客への満足度もアップも期待できます。

更に、ウェブ解析のデータを蓄積していくことで、人工知能が学習し、より精度が向上していくので、優秀なコンサルタントと成長させることもできると思います。

実際に人間では簡単に覚えられない様な膨大な過去のデータを人工知能に学習させ、株式の予想をさせたり、競馬の予想をさせたり、人間よりも高い能力を発揮しています。今後、コンサルティング的な業種に優秀な人工知能がどんどん参入してくると思います。

既にAIへ動き始めている海外のウェブ業界

実際、もうすでに海外ではAIが自動でウェブサイトを作成してくれるというサービス「The Grid」、「Firedrop」、「Wix ADI」など、始まってきてるようですが、実用レベルまで達していない感があり、日本語での使用可能になるまでには、まだまだ時間が掛かりそうです。

人工知能で自分好みの完璧なウェブサイトをデザインしてくれるのか?と言うと…現時点では難しいと思います。

今後のウェブ業界でのAIの展望と期待

人工知能による完全自動なウェブ制作と言うのは、クリエイティブな要素を含んでいるため、すぐには誕生しないと思っています。しかし、ウェブ制作の一部に人工知能を取り入ることは、近い将来実現されると思います。

今後は、人工知能をアシスタント的に利用して、効率の良い仕事が出来れば良いなぁと思っています。

ニュージーランドのオークランドに2002年より在住。フリーランスのグラフィックデザイナー。ウェブ制作から印刷物全般デザイン、写真撮影など幅広く行っています。

全世界からのお仕事の依頼を承ります。ホームページ制作、フリーランスのグラフィックデザイナーをお探しなら:Cloud 9 Worksへ!

Webデザイナーのパートナー(外注)スタッフをお探しの、Web制作会社さま・Webシステム会社さま・広告代理店さまからのお問い合わせもお待ちしております。

お見積もり・お問い合わせ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする